スパという言葉をよく聞きますが、実際にスパとは何?と聞かれると、明確に答えられる人はあまりいないと思います。と言うのは、世の中にスパという言葉が溢れていて、例えばスパは温泉とかエステのこと?と思われる人もたくさんいるかと思います。そこで、スパとは実際にどういうものなのかということをご説明します。

スパとは何か

では、どうして、スパというといろいろなものがイメージされるのかと言うと、様々なところでスパという言葉が使われているからです。例えば温泉などではスパ施設と言う言葉を使うこともありますし、街中のエステサロンなどでもスパと言う言葉を使います。また、日本や海外のリゾートホテルやリゾート施設でもスパと言う言葉を使います。このようにスパというキーワードがイメージ先行しているのは、様々なところで使われていることが、その要因と言えます。

では実際に、スパというキーワードはどういう意味があるのかと言うと、一つは温泉とか温泉地に対して使います。二つ目は温泉、鉱泉を利用した治療を提供する保養施設と言う意味です。3つ目が、世の中で世界中に急速に拡大している新しいスパの意味である「スパムーブメント」のことをさしており、世間で言うスパというのは、このスパムーブメントのことを言います。

スパの概念の誕生した背景について

この新しいスパの概念はアメリカで1991年に誕生したものですが、アメリカでこの考え方が生まれた背景としては、19世紀に生まれた体の状態を改善するために、薬物に頼るだけではなく、患者の症状(部分)だけでなくその全てを観察し、人には本来、自らを癒す力=自然治癒力があると言う考え方があります。この考え方が、更に進化して、「身体と精神を分離しないで、調和的な平衡が保たれている状態を健康とする考え方」「自然回帰への意識」は広がり、人々の価値観、ライフスタイルまでもが変化していったのがスパムーブメントの根本的な発想です。

以上のようにスパムーブメントは、更に進化して次の3つに収斂されます。

  • 健康の捉え方
  • ホスピタリティ
  • インテグレーション(個々をひとつにして統合する)

ということで、更に健康と言うものは何かということについても、健康というものは、心・体・気=意識(Spirit)がバランスよく調和していることと捉えており、これはもう少しわかり易く説明をしますと、健康は病気の状態ではなく、生きがいを感じ、気が充実した幸福な状態のことを言うとしています。
つまり、スパの目的というのは、医療と同じく人間の身体の状態を健康に保たせることですが、それは治療による病気の状態を治癒させるというよりも、古代医術の発想である病を治すのは人が本来持つ力(自然治癒力)であり、治療とは個々の自然治癒力を高めるための支援行為と考えに基づくものです。この考え方は、スパにおけるホスピタリティやインテグレーションが一人ひとりの個性を尊重して、様々な療法を融合させて、それをその一人一人に最も対応している方法を提供して、現在の健康状態を改善させるためのポイントでもあります。

改めてスパとは何か

したがって、スパは本来癒やしのプログラミングである、マッサージを最も重視をしており、更には癒やしの捉え方である「気づき」と言うものをスパに導入して、それがプログラムに導入され、さらにスパが注目をされるようになっています。

このように現在のスパムーブメントにおける施設の定義については、健康なライフスタイルの獲得を目的とした利用者を支援する、水をはじめとした自然の力を利用にした各種の伝統的な療法、自然療法を総合的に提供する施設にまとまるであろうとされています。このように、スパの考え方は、自然の力を利用して、現在の不調を改善していくものと言うことが出来ます。